irumiru の日常‐にちじょう

アクセスカウンタ

zoom RSS 夏アニメ『異国迷路のクロワーゼ』 感想→やはりクロードにはかなわんな…イケメンすぎる。

<<   作成日時 : 2011/08/03 03:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あい、今回観たのは『異国迷路のクロワーゼ The Animation』

作品紹介

19世紀後半、西欧において日本の文化が流行していた時代に、単身フランスへと渡った日本の少女、湯音(ユネ)。パリの下町アーケード商店街「ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア)」の一画にある鉄工芸店「ロアの看板店(アンセーニュ・ド・ロア)」で働くことになった彼女の成長と、若き店主・クロードとの交流を描くパリ滞在記。
(wikipedia)


…このアニメ、作画きれいすぎ!
風景については素晴らしい!!


美術監督:川口正明

美術設定:
ロマン・トマ氏
ルガン・ヤン氏
ブリュネ・スタニスラス氏

↑……どちらさんですかぁぁぁぁっ!!?

調べてみるとフランスの方でした。
あのアニメの綺麗な街並みや景色は本場の方の協力あってこそですね、納得です。


でもって、忘れてはいけないのが原作・漫画の方です!

『異国迷路のクロワーゼ』の作者は
小説『GOSICK』のイラスト担当:武田日向氏。


相変わらず呆れてしまうほどひとコマ、ひとコマ丁寧に描き込んでます。
まるでおとぎ話のお城に出てくるように美麗な町並み、……感嘆の一言です。

私は『クロワーゼ』はいろんな意味での
「対照的」を教えてくれていると思います。

・日本とフランス。まったく違った二つの文化。
・産業革命。新しい風と古い鉄
時代の移り変わり―――。

今は原作2巻まで発売されています
しかし、作者の体調不良か『クロワーゼ』自体、今は連載がとまっているはず、
ドラゴンエイジで連載再開されていたけど、昨年の12月に掲載されたきりです。

…とがし…かと思ったりしたり…

…なーんてね☆

まぁなんにしろ、個人的にはとくに漫画、アニメともに言う事なしです!



興味があればぜひ『クロワーゼ』観てくださいデス!


(´∀`*)ノシ バイバイ

画像





『異国迷路のクロワーゼ』 商品一覧へ









画像http://www.ikokumeiro.com



異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夏アニメ『異国迷路のクロワーゼ』 感想→やはりクロードにはかなわんな…イケメンすぎる。 irumiru の日常‐にちじょう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる